節電鯖クイズ

ここは、mypllustory(mypilestory)が開催するクイズ企画に付いての記述です、
別の方が行う企画についてはしかるべき場所を参照下さい。

参加方法

えこチャットチャンネル「quizclub」への参加が入部の扱いとなります。
活動やクイズ部メンバーに対するお知らせは基本的にこのチャンネルを使用します。

クイズ基本ルール

あくまでも基本であり、企画によっては変更することもある、その場合は開始前にルールを説明する。

解答ルール

共通
日本・中国・台湾・韓国のいわゆる漢字文化圏の人名はフルネーム
この場合のフルネームとはファミリーネーム・ファーストネームのことです。存在する場合でもミドルネームは不要です。
それ以外は特定できればファミリーネームで正解とする。
ただし、スポーツ選手は日本語登録名、四股名は上の名前で可、
その他芸名などで別名がある人物は問題文に反さなければそれでも可とする。
例;「鈴木 一郎」を「イチロー」でも可、「朝青龍 明徳」は「朝青龍」でも可、「大西 賢示」は「はるな愛」でも可
アニメキャラクターなど架空の人物名は、一般的な通称で正解とするが、
実在人物同様、別名などで問題文に反さなければそれでも可とする。
クイズ中に解答権を得ていない者が解答してしまった場合「大きな独り言」として、判定者は無視する。
本来の解答者がこれを活用するかは自由だが、活用したことによって起こった結果は、どうであれスタッフ及び発言者のせいではないので注意。
原則として、クイズ中はスタッフの指示に従うこと、指示に従わずクイズに支障が出ると判断した場合、スタッフ判断により失格・追放できるものとする。
問題に対する抗議はその次の問題の判定が終わるまでに行うこと。

早押し
カウントは5カウント、ただしこの1カウントは1秒ではない。
判定者が「5」「4」「3」「2」「1」と順にチャットし、
ランプが付いていない場合、「スルー」と発言。「スルー」と発言された地点でスルーとする。
ランプが点灯している場合、「out」と発言。「out」と発言された地点で誤答とする
解答後に、判定者が「もう一度」と発言した場合、その解答は正解に近いため即誤答にしづらいことを示しているため、
言い方を変えるなどして、再解答すること。
解答後に、判定者がカウントを続けた場合は、その解答がまだ続いていると判断したことを示しています。
更に後ろに付け加えて解答をお願いします。

ボード
10カウントをとる、その間に看板に解答を記述。間に合わない場合は無解答として扱う。

クイズ形式

N○M×

NとMにはそれぞれ数が入る、7○3×や5○2×など
正解すると○を獲得、誤答すると×を獲得する。
○の数がN以上となった場合は勝ち抜け、×の数がMの数以上となってしまうと失格となる。

N○M休

NとMにはそれぞれ数が入る、7○3休や10○10休など
正解すると○を獲得、誤答すると続くM問休みとなる。
○の数がN以上となった場合は勝ち抜け。失格はないがその分実は辛い形式かも

+N-M

NとMにはそれぞれ数が入る、+1-1など
正解するとNpt獲得、誤答するとMpt減点となる。
予め決めた点数以上の獲得で勝ち抜け、点数が一定以下になると失格というルールにすることもある。
問題が終了した時の点数で勝敗を決める場合もある。

アタック25

正解するとオセロの要領でパネルを1枚置ける。
置くルールは次の3つで定義されています。

  1. 挟める時は、挟む。
  2. 挟めない時は、次に挟めるように取る。
  3. 縦・横・斜めに隣接するように取る。

誤答すると続く2問休みとなります。
残りパネルが5枚になるとアタックチャンス問題です。
アタックチャンス問題に正解すると通常通りパネルを置いた上で、
1マスだけパネルを消して新たにパネルを置けるようにできます。

12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425

※1問目は13番を取る
25枚のパネルが全て埋まるか、問題が尽きた時にパネルが最も多かった人が優勝。
多い人が2名以上いる場合は同点決勝として下記のルールでプレーオフを行う。

  1. 1問正解で優勝の早押しクイズ、休みは解除、全員にボタン権はある。
  2. 2名の場合、誤答した場合、問題を読みきってから相手に解答権、相手も誤答した場合は再度1からやり直し。
  3. 3名以上の場合、誤答した場合、誤答者は続く1問休みとなり、別の問題を出題する。
  4. ここでも誤答した場合、その誤答者が1問休みで別の問題を出題・・・

クイズグランプリ

答えがわかったところで「quizclub」チャットに「!」と送信ください。「!」が含まれていれば「押した」として受け付けます。
解答はダブルチャンス方式です、1番目の方が間違えた場合、2番目の方に解答権が移ります。2番手が誤答でスルーとします。
正解は問題のポイントが加算されますが、誤答は問題のポイントが減算されます。
難易度が優しいものから順に各ジャンル10点,20点,30点,40点,50点と点数が割り振られています。
問題は各ジャンル10点から点数の低い順に出題されます。

スポーツアニメ・ゲーム芸能ライフスタイル社会文系学問理系学問
10101010101010
20202020202020
30303030303030
40404040404040
50505050505050

7ジャンル×5問が全て出題した地点で最も点数の高い人が優勝です。
※7ジャンルはQMAのものです。
ジャンル選択は最初は一番左の方、次の問題からは正解者、正解者がいない場合は前ジャンル選択者の右隣の方になります。

n択クイズ

ウルトラクイズの第1回予選のような形式です、○×・2択だけを予定しているわけではないのでこのような名称にしました。
問題が発表されたあと、一定時間の解答猶予を設けて、全員が解答を決定したあと、不正解者は脱落していき、最後に残った1名が優勝という形式です。
優勝者を1名のみ決める場合、問題を使いきってしまった場合は、最後の問題の正解者のみ解答権がある早押しクイズ(ルールは他クイズのものと同じ)を行い、正解者を最後まで残った解答者、及び、優勝とします。

mypllustoryのページへ

user/mypllustory/quiz.txt · 最終更新: 2016/11/12 03:58 by mypllustory